「 私は " こう見ている " 」


現代では完成品よりも、未完成品がなんらかの目標に向かって変化していく過程にこそ
共感と支持を得られるのではないか

Instagramなら#半分解展
Twitterなら半分解展分解展
で検索すると、来場者のリアルな感想を読むことができます。

「西洋人とは骨格・体型が違うから、参考にならない」


悩んでいます。

この負の感情は、東京展を終えて愛知展が始まったころに芽生えました。

半・分解展を終えて、挑戦したいことが増えました。

半・分解展の期間中に父が死んだ。
半・分解展の開催まで残り20日となりました。
そして2018年も5月に突入。時の流れは恐ろしいです。


さて、個展期間中は毎日、様々なイベントが行われます。

半・分解展は再入場無料。

気になるイベントにはドシドシ足を運んでください。
皆さんの知的好奇心をくすぐる興味深いイベントを用意しました。
詳細はコチラからご確認ください。


そのなかでも、特に注目のイベントが 中野香織氏とのトークショー です。



今回の個展は「私の眼に、その一着がどう映るのか?」に焦点を当て展示します。





フランス革命から第二次世界大戦の衣服を半分-分解し「標本」にする



稀に「展示の為に洋服を分解するのって大変そうですね」と聞かれることがあります。


2018年5月23日(水)~28日(月)の6日間。
東京、渋谷(ギャラリー大和田)にて半・分解展 Vol.2 を開催します。

仕事柄、使う道具は「ミシン」「アイロン」「ハサミ」


生産管理をされている方から質問を頂いたのでこたえます。




自分の食べるものを大切にし、日々が味覚の訓練であると思ってください。

最近は パタンナー副業体験談 や 手に職を 足取りは軽やかに など「副業」に関連した投稿が続きました。

ARCHIVES

Search this blog