「100年前の " 感動 " を100年後に伝える」
 

7月8日から13日まで、ウィーンへ行く。
目的は、ただひとつ Leichtfried(ライヒットフリード)社の Loden Cloth(ローデンクロス)を現地で感じるためだ。

8月3日(土)に開催する「アパレル 3D ミートアップ」のチケットが瞬く間に売り切れてしまった。

8月3日(土)
渋谷で 半分解展研究所Vol.2 を開催する。


2016年の9月に独立し、フリーランスとなった。

個人で2年9ヶ月を生きた。
振り返ってみると、私の仕事は独立当初から大きく変化した。


私は、古道具屋巡り、雑貨屋巡りが好きです。

さまざまなインスピレーションを授かるからです。
モノと対峙し考える時間が好きなのです。

 

2018年5月から半・分解展では「パターン」の販売を始めました。

この1年間で売れたパターン数は100型を超えます。
1年という区切りに、パターン販売を行った所感をまとめます。


私は、技術で環境を越えることはできない。思想は環境を越える。と、半・分解展を通して学びました。

平成最後の華金。
うめき声を漏らしながら、重い荷物を抱え自宅の狭い階段を6往復。

3月24日(日)に学生限定のイベントを開催します。

私は2020年5月の「半・分解展 東京」に人生を懸けて挑みます。
この個展を成功させると決めたのは2018年6月でした。

「自分で自分のことは知り得ない」

「ただじっと備え待つのではない。常に動き続けることによってチャンスを引き寄せよ」


2月11日(祝)に、初の九州でのイベントを開催します。

ようやく、アビ・ア・ラ・フランセーズのパターンが完成しました。


目に映るもの。

形あるもの。

ARCHIVES

Search this blog