2011/07/20

French Hunting Jacket 5-2

| | 0 コメント
さて、前回のNO.11後半デス。


まずは衿に注目してみましょう。


まずは羽衿(表衿)。
背中心でハギが入っているのが確認できます。地の目は左右共に正バイアス。
このハギは用尺を詰める為のモノだと思われます。バイアスだし、出来るだけで詰めたいデスヨネ。わかります。


続いて地衿です。
地衿には3つのハギが入っており、計5つのパーツから構成されています。
ハギは背中心にひとつと、背中心から5センチずつ離れた左右に確認できます。
地の目は全て正バイアス。

このハギは表衿に見られた"用尺を詰める"という目的とは違った意味でとられたものデス。
是は、いわゆる「月腰」と呼ばれる衿の展開線の展開線です。月腰とは?


このテの地衿はフランスモノにはよく見られます。
通常、月腰は返り線に沿って衿を横一線、上下2分割にするのですが、古着(特にヨーロッパモノ)は縦一線、左右5分割とかにしているのを良く見ます。
本当に生地を余すことなく使いたいならば、5分割にした方が良いですヨネ。縫うのが面倒だケド。

現代では表衿が縦地の月腰、地衿がバイアス1枚取りナンテノガ主流ではないでしょうか?
メンズの安いスーツは大概ソレですよね。まあ、イロイロありますが。


そして、ジグザグに走るステッチ。是はもう定番ですね。
衿をシッカリ立たせる為。フラシ芯を止める為。八刺しが簡略化されたモノ。とかとか・・・
どれも間違いでは無いと思います。

コレもいろんなステッチがありますね。
今まで私が見た地衿のステッチで1番おもしろかったのは、1880年代くらいのインバネスコートに走っていた卍型のステッチです。3センチ20針、60番手くらいで卍のように走っていました。
アレは感動しました。




中を覗いてみると、出てきました。
ジュート芯(麻芯)です。しかもPINK色。!見えないところにオシャレし過ぎデス。!!
こちらもバイアスで背中心にハギがあります。


更に良く見ると、出来上がりでカットされています。
少しでも薄く仕上げたかったのでしょう。
正にテーラーの美意識ですね。素晴らしいデス。
français万歳!LOVE






ついでにGAME POCKET(ゲームポケット)も見てみましょう。



この口の部分なんて、ダック生地が何十にも重なり縫いづらいと思うのですが、ウマク縫っています。


大体のゲームポケットは左右が貫通しています。背中一面全てがポケットです。
向こう側が見えるデショ?

この「背中のポケット」にもイロイロ種類があり、ゲームポケットをはじめ、マップポケットやサイクルポケットなどが有名どころです。ゲームポケットもアメリカとフランスでは形が全く違います。

この「背中のポケット」も今後、種類別にまとめたいと思っています。
でも、背中のポケットの歴史や意味をUPして誰が得をするんでしょうね・・・





それでは、裏からゲームポケットを見てみましょう。




これまた定番でして、フランスのハンティングジャケットのゲームポケットには必ずマチが取られています。下側が縫われていないのです。
フランスモノでこのマチ無しをまだ見たことがありません。

このマチがあることで物を入れても表地にひびかないのです。
勿論、容量を増やすと云う意味もありますが、ソコはテーラーの国フランス。美意識が高いです。

狩猟は元はといえば貴族のお遊び。見た目の美しさを重視した結果がこのデティールに表れています。
各国の古いアドを見てもソレが伺えます。
歴史や文化を知ると洋服がとても面白いです。





運針数はなんと3センチ15針です。細かいですね。
アメリカのハンティングジャケットは10針程度です。
細かく打ったステッチで強度をあげているんですね。運針が細かくなると縫うのにも時間がかかり、量産には不向きです。


そして、このハギの多さ。
本当に々々に生地を大切にしていたのですね。
上から胸ポケットのフラップ裏・腰ポケットのフラップ裏・見返しです。
左右共に見えないところはハギだらけです。オモシロイ。




そして、やっとPIVOT SLEEVE(ピボットスリーブ)です!!!
ドウゾ!!!!!!!!!


まず、こちらが右外袖の表側。

こっちが右内袖の表側。


袖口に注目して下さい。
切り込みを入れ、縫い代を割って薄く仕上げています。!
素晴らしい。

細かいことですが、現代のありふれた洋服でここまで丁寧、拘って、真面目に造っているブランドがどれだけあるでしょうか?
こういった服が100年以上残り、現代の、私のような若い、駆け出しのパタンナーに語りかけてくるコトは大変な価値があります。
有難うございます。服。

(割っているのが素晴らしいと云う事ではありません。)



アームホールの縫い代5ミリって・・・
後から切ったのかな?そうではないとしたら、恐ろしいことです。


"ひねり"もちゃんと入っていますね。




袖山のスレキはこのように挟みこまれていたんデスネ。わあ


袖底のつながりはこのようになります。
このようになります。って云われてもわからないですよね。スイマセン。
私も自分で組んで見るまでわかりませんでした。


表側にして外のラインを繋げてみました。
どうです?この袖付け線。

私は初めて見たとき、ちょっと小踊りしました。(深夜2時)


イラストレーターで簡単になぞってみました。
ホント、テキトーになぞっただけなので参考程度にドウゾ。


私達パタンナーが常日頃、見慣れている袖付け線はこのような線ではないでしょうか?
大体で描いてみました。太線のモノです。 

この赤丸の部分がムズかしいんですよね。
ゆとり分量の兼ね合いと腋点の決め方が。

学生時代に色んなPIVOT SLEEVEをたくさん引いて組んでみました。もちろん今も。

立体裁断でやってみたり、衣服解剖学を読んでみたり、ノースフェイス・パタゴニアなどのスポーツショップに通いつめたり(コレはかなり勉強になった)、垣田幸男先生を初めハトホルの先生方の書籍を読み漁ったり、古着分解したり・・・・・

組んでは自転車乗って修正、組んで自転車乗って修正でした。
バイクに乗ってるヤツらもいました。

とても楽しかったなあ。
今はソレをビジネスに変えなければいけません。
企業の一員として働いているのだから。
ムズカシイです。でもホント勉強になります。



とりあえず、これでFrench Hunting Jacket NO.11は終了です。!
残すはNO.12のみ。ヨシッ


0 コメント:

コメントを投稿

ARCHIVES

Search this blog

人気の投稿