それは、フランスの消防服でした

| |
今回の個展は「私の眼に、その一着がどう映るのか?」に焦点を当て展示します。




2016年。
初めて個展を開いたときに意識したことは「多様な価値観」に触れることでした。

展示される衣服をみて「芸術」だという人もいれば「教科書」や「コンテンツ」だという人もいる。
当時、私が最も興味をそそられたのが「他者の視点」であり、その視点を少しでも多く引き出す為に「展示のキャプションは簡潔に」「展示品に私の思想はのせない」という2点を意識していました。


しかし、今回は違います。
私の眼にどう映っているのか。私はどのように考えているか。
私と その1着 の関係性について書くことにしました。


特に想い入れの強い1着には、こんな言葉を添えました。



Episode

「それは、フランスの消防服でした」


20歳のとき、この服に出会いました。


その頃の私は、夢中でスーツを縫っていました。


学生の私は Homme(オム) という分野を専攻しており、最終課題である Tailleur(タイユール)に取り組んでいる真っ最中でした。
オムとはフランス語で「メンズ」のこと。そして、タイユールは「テーラーメイド」のことです。


つまり、紳士服のスーツを自分の手でデザイン・設計・縫製するのが最終課題でした。


スーツが背負う歴史も、スーツを縫い上げる工程も、複雑で掴みどころがなく、その面白さに夢中で取り組みました。


例えば「八刺し(はざし)」と呼ばれるステッチは、スーツの造形を支える芯地を、内側から手作業で留めていく「八」の字型の縫い方
「縫い込み」と呼ばれる生地は、後からサイズ調整できるよう裏側に隠された、多めの余り生地です。


どれも決して、表からは見えません。
身体に沿った美しいシルエットや永く着ることができる工夫は、裏の構造が基盤となっているのです。


ある日、自分の眼が変わっていることに気が付きます。


多くの人が行き交う街中で、ふと目に止まるスーツがあります。
近寄ってまじまじと見ると、なるほど。
丁寧に時間を掛けてつくられた上等なものだと理解できるのです。


これを "審美眼" と言うのでしょうか。
気付かないうちに「良い服のものさし」が自分の中にできているようでした。


日常が、真新しく映ります。


「あの服は、ここが良い」 「その服は、ここがダメだ」
満員電車の通学時間が、宝探しに変わるのです。
四六時中スーツのことばかりを考えていました。


そうして、導かれたように、この服に出会うのです。


「これはなんだ?」


例えようのない存在感。
この服を、私は、言葉にできません。


自分の「良い服のものさし」の圏外。
あっけない敗北でした。


分かったことと言えば、それが「100年前のフランスの消防服」ということだけでした。
ただ、私にできたのは、なけなしのお金で購入し持ち帰ることだけです。


家に着くと寝食も忘れて、言葉にできない魅力の正体を探りました。
どうしても知りたかったのです。
ここまで強く「何かを知りたい」と思ったのは初めての経験でした。


抑えられない探求心が、その服に鋏をいれました。
服をつくる手順とは、逆の手順で縫い目をほどき、分解し、夢中で裏返していきました。


そして気が付くと、私は、涙を流していました。


何故なら、その消防服は私が学ぶ「スーツ」のつくりそのものだったのです。


粗野なウール生地でつくられた、ただの作業着であるはずの100年も前の消防服は、まるで一張羅のように手作業で丁寧に仕立てられていたのです。


こんな服を、私は見たことがありません。


心から 「美しい」 と思いました。


あの日から9年。


私は29歳になりました。
私の気持ちは、何ひとつ変わってはいません。


「100年前の ” 感動 ” を100年後に伝えたい」


もし、100年後の未来に私のつくった服を誰かが分解して、同じように涙を流してくれたなら、それが私の幸せです。


私が この感動を未来に繋げる と決めたのです。


Detail

この消防服は、私が体感してきた「1820年~1920年ごろの紳士服(軍服、スーツ、作業着)に共通する特徴的な構造」を備えています。


それこそが、9年前、私が魅了され言葉にできなかった 「美しさ」 を構成するものだったのです。


特に、下記3点が私の思う美を構成するにあたり、重要だと考えています。


1つに「大きく後ろに逃げていく前身頃」
2つに「狭い背中に付随する太い袖」
3つに「誇張したなで肩設計」


私はこの構成を、歴史的側面から「18世紀の美意識 『洋梨』 をパターンのみが継承したもの」と考えています。(※1)


フランス革命後、紳士服の主導権をイギリスが握ると、美しさの基準が覆ります。
素材や色、スタイルなど、全く違う見た目に変化しますが「パターン構成のみは、革命から約100年間は継承されている」と、分解した衣服から考察します。


このパターン構成は1930年ごろから徐々に姿を消し、現代の紳士服には全くと言っていい程見られません。
言語化すると、現代では「地面に垂直に落ちる前身頃」に「広い背中に付随する細い袖」そして「体型に沿った肩傾斜」となっています。


この転換期を、フランス革命から第一次世界大戦までは「美意識『洋梨』の継承」第一次世界大戦から現代までは「行動の転換」とみています。


では、このパターン構成を技術的側面からも考察していきます。


「大きく後ろに逃げていく前身頃」
「狭い背中に付随する太い袖」
「誇張したなで肩設計」


これは、紳士服で用いられる「体型補正」の概念を持って視ると「超鳩胸・超なで肩」の設計に該当します。
西洋人の「骨格」や「体型」に合わせた設計である。(※2)と考えることもできますが、20世紀のポートレートを注意深く見ると、それだけで片付けることはできません。


反身・なで肩体型の彼らが着用しても、極端に逃げる前身頃、ねじれた肩、SNPから発生するシワが確認できます。


つまり、体型や骨格を補正する以上に、18世紀の「美意識」が20世紀初頭までは、パターンに継承されていたと見ることができます。


特筆すべきは、美しさを求めたパターン構成は同時に「機能性」にも優れた設計だったということです。


「お洒落は我慢」という言葉を耳にしますが、紳士服にそれは当てはまりません。
美しい服は動きやすく、動きやすい服は美しいのです。


現代の基準で、1820年~1920年ごろのパターン構成をみると「狭い背中に、イセ込みの無い肩」が目に留まります。
一見、それは窮屈そうに見えますが、そんなことはありません。
現代とは全く違う方法で、美と動を両立させているのです。(※3)


私は、私の思う美しさを歴史と技術、双方から捉えるようにしています。
そして、半・分解展では、この研究結果を「体感」することで提供します。


私が収集・分解した、フランス革命から第二次世界大戦までの衣服標本。
そして、その標本からパターンを抜き取り、試着サンプルを製作しました。


20歳の時に私が感じた 「100年前の感動」 を貴方の身体で浴びてください。


※1 - 「洋梨の美意識」は、フランス革命中の衣服で解説します。
※2 - 体型・骨格以外にも「中に着用するシャツや首元の装飾品を補うためのゆとり」という考察もできます。しかし、19世紀初頭にフロックコートが誕生してから、シャツも装飾も非常に簡素なものに変わります。にもかかわらず、その後100年間同じパターン構成なので、インナーや装飾のための設計ではないと言えます。
※3 - 現代と全く違う設計はラウンジスーツのコーナーで解説しております。




以上です。
このような文章を、各展示物に添えています。

この言語化されたものを、試着サンプルで体感することができます。
私の考える美を感じてください。


半・分解展では、様々なイベントも開催されます。
詳細は半・分解展HPをご覧ください。


中野香織氏とのトークショーは下記からご予約ください。



お待ちしております。

ARCHIVES

Search this blog