2015/02/15

Coats & Coats...Coat!

| | 0 コメント

近頃、よく話題に上がるこちらのコート。
アジャスタブルコスチュームさんにお貸ししたり、中野香織さんにお見せして中野さんのハートを掴んでしまったり。
そしてまた、KAPITALのパタンナーさんから詳しく教えて。!と連絡がきたので、コチラにUPします。


このコートの名称ですが、Storm Coat(ストームコート)と云われたりMotocycle Coat(モーターサイクルコート)と云われたり・・・

所謂、ゴム引きのバイク乗りのコートです。 WW2に良く見ます。

さて、何故このコートがそんなに引っ張りだこなのか、愛される理由のひとつに特殊な着方が上げられるでしょう。
人前でこれを着れば、みんな大喜び。童心に戻った笑顔が見られます。 

それでは、このコートの特殊な着方を紹介します。 モデルは夏川くんです。(現在就職活動中 良いメンズパターン引きます。お問い合わせは私まで) (おかげさまで決まりました。)


まずは、裾のストラップに足を通します。


この様な状態になります。 
このストラップはダッフルコートなどにも着いています。 風による裾のバタ着きを防止する役割があります。
 

ガバッと着ます。
見返しには、ボタン留めで「チンストラップ」付いているのにも ご注目を。 



やりきった表情をしていますが、まだまだこれからです。


打ち合いが広いアイテムにはこのように「ツッパリ」が付いています。(正式名称忘れてしまいました)
このストラップを留めることで、ダレを防ぐことなどが出来ます。 内掛けボタンと同じような意味合いでしょうか。



続いて、腰ベルトを巻きます。
このコートの腰ベルトは非常に特徴的です。
バックルが二重になっているのです。


まずは前端に挟み込まれたバックルに通し、続いてベルト本体のバックルにも通します。 うまく通せたようでご機嫌な顔です。


続いて、ストームフラップです。




中のボタンに留めて、ラペル端のドットボタンに留めつけます。 うまく留められたようで決め顔頂きました。



更に首元です。
先ほどの見返しウラについていたチンストを通します。
なんと、玉ブチにベルトを通し+ボタン留めといった手の凝った仕様です。



チンストを留めることが出来ました。 



これで完成です。! カッコイイですね。非常に良いですね。

なんて、ここで終わらないのが、このコートの良いところ。最大の特徴はここからになります。


なんと、なんと、前端のボタンと裾のボタンを留めると・・・



あ。! と驚き ツナギ になってしまうのです。 これには、夏川くんもビックリこの表情。


何故。!?こんなディテールが。!??

と、思われますが、このコート、元々は空軍が着ていたそうです。
飛行機の操縦席には、丁度、股の部分にハンドルが有ります。

裾をツナギにすることで、そのハンドルをストレス無く動かせるようにした結果、このディテールが誕生しました。


終戦後は、放出品として、主に郵便局員などバイク乗りのユニフォームとして定着し先述の「モーターサイクルコート」の異名を取るわけです。

興味深いですね。




お尻のボリュームがとってもキュートです。

今回は、モーターサイクルコートの「特殊な着方」にフィーチャーしました。 
しかし、このコート、大きなマップポケットやゴム接着による縫製方法。端の補強処理などなど、細部を見ても非常に面白いアイテムなのです。 着丈の短いジャケットタイプもあります。

今後、細部も紹介したいと思います。

さて、撮影当日は夏真っ只中。この日は猛暑で気温36度。
時間を掛けてしっかりと撮影をしました。


0 コメント:

コメントを投稿

ARCHIVES

Search this blog

人気の投稿