2013/10/04

白 痴

| | 0 コメント
例えば、 2、3時間電車に揺られる時や、約束の時間に遅れる友人を待つ時。

鞄の中にいつもの一冊が入っていない。
近くに古本屋があったり。

店内をひと周りして、特にピンとこない。 そんな時に決まって買う一冊。
だから、家の本棚に何冊もあったり。
気づいたら手に取る。慣れ親しんだ文章。

始めに読むのは、決まって此処から。





0 コメント:

コメントを投稿

人気の投稿

ARCHIVES

Search this blog