2013/04/15

10&10

| | 1 コメント

先週のリベンジ!と、意気込み行った銀座三越。(先週は風邪の為寝ていた)

Men's EXと三越伊勢丹のコラボ企画「10テーラー & 10マイスター」の最終週です。



お目当ては、パンタロナイオ「尾作隼人」さん。
尾作さんのパンツが見たかったんです。 M039も欲しかった。(M039は尾作さんの既製モデル)



私の仲の良い友人が尾作さんの勉強会に参加しているので、色々と話しを聴いており、非常に興味深い内容だったので、いつかお会いして話したいな~と思っていたのです。

(ちなみに尾作さんの勉強会の会場である株式会社ヤマモトは、ここ最近、平日のみの営業になってしまい 悲しい・・・)

が、
結局、ひと言も話せず、肝心のパンツもあまり見れずに帰ってしまいました。

ちょうど接客中で、ちょいと時間を置いて再トライしたものの、まだお忙しい様子で・・・
私の方も風邪が完治しておらず、ハナミズダラダラのガサガサ声だったので、今回はタイミングが悪い。と思い、銀座三越を後にしました。 嗚呼、涙。

結局、不完全燃焼で去っていった10テーラー & 10マイスターのイベント。けっこう楽しみにしていたのにな。



そんな残念なコトもありましたが、とっても有意義な時間も有りました。

ADJUSTABLE COSTUMEの2013-14AW展示会にお邪魔しました。




スンゴイ存在感で出迎えてくれたのは、狩猟や乗馬用生地で有名な英国マーチャントH.E.BOXのキーパーズツイードでつくられたノーフォークでした。
もう、スンゴイです。ホント、スンゴイ。




ノーフォークにバッチリハマるキーパーズツイードですが、ダブルのジャケットにもピッタリでした。カジュアルに着るならこっちの方が良いかもと思いました。スリーパッチがカワイイです。


あと、私の大好物!French Huntingのジャケットもありました。(下記カタログ画像はワンシーズン前のモノ)



その元ネタになった古着がコチラです。


嗚呼、もうカッコイイ。だめだ。


チェンジにグリカン、ピボット無しのゲーム無し。と非常に珍しいタイプのフレンチハンティングでした。



フレンチハンティングに関しては、私も相当愛しているので、(むしろ独立した時は、フレンチハンティングならrrr129だろう。くらい云われる様になりたいです。)

ハイ、
で、相当愛しているので、実際に古着も着させてもらい、小高さんとたくさん話しました。(上記写真はADJUSTABLE COSTUMEのブログからの拝借です)


アウターのつくり込みは圧巻でした。
オリジナルの素材がどれも素晴らしかったです。そして、その素材に合った型紙・縫製と非常に完成度が高かったです。
仕様も、軽い一重から総毛芯、はたまた麻芯噛ませまで、古着を研究し尽くしてるなあ~と感動しました。勉強させて頂きました。
そんなアウター達を端から全て試着しました。笑 小高さん有難うございます。


特筆すべきは、洋服だけじゃないんです。小物もヤバイ。




OLD HATさんと共に研究してつくられた、このボタンブーツ。
オリジナルのボタンフックまでつくるこだわり様です。

これは、探していた人は早めにゲットした方が良いと思います。ここまでのボタンブーツは中々、見つからないと思います。



サスペンダーやソックスバンドもとってもカワイイです。



そして、小高さんのトレードマークの帽子達。
とにかく小物まで抜かりなくつくり込んでいます。



やっぱり「素材」って大事だなあああ。と、改めて痛感した1日でした。
オリジナルの生地ってどうやってつくるんだろう。



1 コメント:

  1. 匿名18.4.13

    以前からこちらのブログを拝見させて頂いてます。
    長谷川さんのものづくりへの熱い思いや製品への愛情、本当に勉強になります。
    これまで身近に感じていた古着たちの存在も、まだまだ奥が深く、日本にも素晴らしい古着屋さんがあるのだから、たくさんのものを見て、聞いて、勉強してみたいと思っています。
    長谷川さんの作品が世に出るときには、ぜひ足を運んでお話を聞いてみたいです。
    陰ながら応援しています。お体を大事にしてください(*^_^*)いきなりのコメント失礼しました。

    返信削除

ARCHIVES

Search this blog

人気の投稿