受け取られるもの

| |



稀に「展示の為に洋服を分解するのって大変そうですね」と聞かれることがあります。


「好きで分解をしてるんですよ~^0^」
と笑顔で返答しますが 「そう思われていたのか!」 と内心ショックを受けます。

もちろん相手には悪気があるわけでもなく、むしろ興味を持ってくれるだけありがたいのですが、自分がやっていることを正確に伝えるのは難しいなあ。と感じます。

半・分解展は、決して展示の為に洋服を分解しているものではありません。
私が10代の頃から「好き」という気持ちだけで 取集・研究・分解していた洋服が、少しづつ周りの人たちの興味関心の対象になっていき、結果、半・分解展が生まれたのです。


しかし経験として、自分が思う「正確さ」なんて非常に不確かなものなので、初めから正確に伝えようとすることが、おかしいのかもしれません。
相手が受け取ったものを自分も大切にしたいです。

半・分解展の面白いところは衣食住の「衣」が不確かなものであることを証明している点にあると思います。
あなたにとって衣とはなんでしょうか。
なにを思い浮かべますか。

それを ぶち壊してしまうのが「半・分解展」だと思います。




半・分解展Instagram 始めました




長谷川のSNSは下記をフォロー


FB   Insta   twitter   note





ARCHIVES

Search this blog