慶應で半・分解展

| |


「芸術の現在Ⅱ」


10月17日(火)に 慶應義塾大学 三田キャンパス での第1回目の講義が終了しました。

担当した授業は、芸術の現在Ⅱ


げ、 げ い じ ゅ つ の げ ん ざ い 、に ?


・・・なにそれ美味しいの^0^?



慶應で、初体験 ×2


これまで「芸術」というテーマで講義をしたことなんて無かったので、ギリギリまで何をどうやって話そうか迷いました。
ファッションの分野を飛び出し、芸術の分野で講義した事が、初体験その1です。

結果的には、いつも大切にしている「本物を体験・体感」してもらうことを、より噛み砕きながら授業を進めてみました。

まずは、私の「モデリスト」というアパレル技術職の仕事内容を説明し、続けて「半・分解展」というアート活動?を伝えてみました。 アドリブで頑張りました。




今まで、私が講義をする時は 同業の技術職や古着に興味のあるマニアな方から、お金を頂いて 話しをしていました。

お金を払ってまで聴きに来るプロフェッショナルな方達なので、私が超爆笑ギャグを入れようとも気にも留めず、勝手に学び、勝手に吸収してくれました。

ところは今回は勝手が違います。

「芸術の現在Ⅱ」なんていうイカした授業を取る、天下の慶應ボーイ&ガールが相手です。

彼ら彼女からしたら「変なオッサンが、変な服を持って来た」という感想しか持たないはず。
とりあえず、同じ平成生まれアピールを過剰にしつつ、いつも以上に超爆笑ギャグをブッ込みました・・・ 笑ってくれました。初体験その2です。



大抵の場合、初体験はほろ苦い思い出となりますが、この写真を見ての通り Love & Peace を体現した形となりました。

参加して頂いた学生の皆さん、ありがとうございます。


慶應での授業は来週24日にも控えております。
次回は、知られざる衣服の歴史に、もう一歩踏み込んだ内容にしようと思っているので、楽しみにしていて下さい。 昼後の授業だけど寝させないからな。!




締めは、事後の恍惚とした表情でお別れしたいと思います。
本当にありがとうございました。



講義後編はコチラ



長谷川のSNSは下記をフォロー
FB   Insta   twitter

ARCHIVES

Search this blog