2017/01/13

めいし

| | 0 コメント
何でも自分でやるのか。
または、誰かの手に委ねるのか・・・

フリーランスになって、まずは名刺をつくりました。


周りの方からも好評で、私自身とても気に入っています。

この名刺は "本田千尋さん" に依頼してつくってもらいました。
昨年、代官山のデザイン事務所から独立し、現在フリーランスで活動している同世代のデザイナーです。

半・分解展のディレクションも本田さんにお願いしました。

分解した衣服を板に打ち付けて「標本」のように見せるアイディアや「半・分解展」というキャッチーなタイトルの考案。そして、フライヤーの製作など、アートディレクション全般を担当してくれました。
本田さんなくして半・分解展の成功は有り得ませんでした。本当に感謝々々です。


懲り性な私は、何でも自分でやってしまおうと思うタイプでした。
しかし、その分野のプロに任す方が、どれ程成果を上げられるか。フリーランスになって身をもって実感しました。

本田さんに製作してもらった名刺は、凜とした佇まいがあり、自信を持たせてくれます。


会社員時代につくったオリジナルスタンプ

でもやっぱり、どこかに自分でひと手間加えたくて、名刺の裏にはオリジナルのスタンプを押しています。
実はこのスタンプをつくったのは、4年ほど前。 確か、社会人2年目の頃だったと思います。

このBlog経由でパターンの依頼をチラホラとされるようになり「個人の名刺」をつくるか迷った挙句、このスタンプを思いつきました。

会社の名刺にスタンプを押しちゃえば、相手に渡す名刺が1枚で済むやん。!

個人で仕事をされている方から、会社の名刺と個人の名刺 2枚を渡されることが何度か有ります。
ただ、大抵の場合、2枚貰うと管理がし辛かったり、ごちゃ混ぜになってしまったりで、中々見る事がありませんでした。

1枚で済めば、相手も解りやすいだろうし、こっちとしても持ち運びがラクなので、我ながらナイスアイディアだったと思います。
確か1000円もしないでスタンプのオーダー出来たので、わざわざ個人の名刺をつくるよりコスパも良いかもしれません。
「このスタンプ何ですか?」から会話が弾むことが多くありました。

複業している方への参考になれば幸いです。!


長谷川のFBはコチラ インスタはコチラ ツイッターはコチラ 

0 コメント:

コメントを投稿

ARCHIVES

Search this blog

人気の投稿