2014/12/08

L-F

| | 0 コメント


銀座で行われている「エスプリ ディオール」
先週末は、タイユールを担当している職人がデモンストレーションを行った。

前にも展示は見ていたのだけれども、タイユールの担当者が来るとの事で再び足を運んだ。
もちろん、それは大変興味深く、八刺しの糸の引き方 や 生地を切る鋏の抜き方。 ひとつひとつが神秘的に感じられた。 衿付けのシーンは、夢中で写真に収めた。

だけど、もっと心に響いたのは、コチラの展示。

だから、まずは、HERMES LEATHER FOREVERを先に紹介したい。 



場所は、上野の東京国立博物館
私は、日曜の真っ昼間に行ったのだけれど、銀座のディオールより人混みもなく、ゆっくりと鑑賞することが出来た。
きっとそれは、建物自体が広いので、そんな時間帯でも落着いて感じたのだろう。




エルメスもディオールも入場は 無料。
きっと、みんな行ってみるべきだ。




きっと、何回も足を止めることになるだろう。
あなたは、凝ったプレゼンテーションに見入ってしまうから。






19世紀中葉のボストンバック。
20年間大切に使われたハンドバック。
グローヴと香水の贈り物。

そのどれもが、紛れもなくエルメスの歴史。香り。










そっと、周りに目をやって、私が気がついたのは 日本の美。
そういったことも、ひっくるめて、エルメスは素晴らしい と身に染みて感じた。



嗚呼。
きっと、年内に、もういちど 行く。!



0 コメント:

コメントを投稿

ARCHIVES

Search this blog

人気の投稿