2013/12/17

2

| | 0 コメント

1年振りの強羅花壇


昨年はカメラを持って行かずに後悔したので、今年はしっかり持っていきました。







今年、泊まった部屋は「泉心」
昨年の「残月」に続き、離れです。



ひとりAM5時30分に起床。

目指すは、「階段」



昨年の帰りの車中、ふと目に止まった階段がありました。

今年は"あの階段"を登ろうと決めて来たのです。





登りきったら何が待っているのか。
それが楽しみでした。




急な階段を登りきって、待っていたのは上り坂。 それもまた、急勾配。
歩きます。






途中から脇道に逸れてみました。
枝葉をかきわけ、歩きます。







5メートルくらいの堤防の上。
見下ろすと湯気が。



堤防を越えて、湯気の先を目指します。






水でした。
突き刺すように冷たいわけでもなく、安心するような温かさもない、ただの水でした。

でも、それが良かったです。






林中、不意に現れる階段は、6段。





場所柄か、そこらに顔を出している鉄のパイプ。
恐らく、もう何もこの中を通らない。



ただ、繋げているだけでした。




0 コメント:

コメントを投稿

ARCHIVES

Search this blog

人気の投稿