C1

| |




もっぱら、櫛を入れるのは髪の毛よりかはブラシ類の方が多いのだけれど、 この櫛は使っていてとても気持ちが良い。






インドの南西部、カルナータカ州。
そこに伝わる魔神の名は「マヒシャ」
マヒシャとは水牛の意味らしい。

この櫛は、カルナータカの水牛の角から削りだして作られる。



削りだしているのはフランス、オート=ガロンヌの職人。

櫛の他にも、靴ベラやスプーンなど生活に身近な小道具が素朴な表情で彫られている。






天然素材 故、同じものが二つとないもの また良い。
選ぶ時は、直感で決めた。

とにかく、この櫛は、「丸い」
見て、触れて、この機能性に気づく。








朝、起きた後と
夜、眠る前に珈琲を飲む。 
眠る前には本も読む。


うーん、最近は珈琲が美味しい気がする。



銅之薬缶

東五反田 東屋



名前の通り、どうのやかん。







東屋の「ものづくり」はいつもシンプルだ。
ただ、時間によく染まる。  それだけで良いし、それが1番むずかしい。






最近、持ち手にイノシシを縫い付けた。
5mm厚のイノシシで、もう熱くない。


















珈琲を美味しく感じるのは、銅之薬缶で沸かしたから。
ってのも有るけど、根本的に水を変えたから。


今日日、買ってよかったと心から思う製品。






C1(シー・ワン)


水道水ってこんなにも美味しくなるのかと感動した。


ただ、うまい。




C1も、とってもシンプルだ。

筒の中身は、水を美味しくする為だけのフィルター以外何もない。
ただ、それだけ。









ARCHIVES

Search this blog