2012/05/07

| | 0 コメント


単純に、純粋に、この洋服を見て私は涙を流す。

素晴らしい洋服に出会った時、私達は理屈を並べて知識をひけらかし、自分を守ろうとするが、この洋服は、そんな「人間らしさ」すら忘れさせてしまう程、圧倒的だった。

こうして、自分を0に帰してくれる洋服と出会えるのが、どんなに素晴らしいことか。
そして私は「伝えなければ」と、また鉛筆を握ることが出来る。






彼らの「Over Coat」とは、また違う






「Country Gentleman」のコート。






見れば々るほど、頭を悩ませる。

19世紀中頃のモノとしては少なすぎる「着込み分」
そして麻芯ではなく「毛芯」を使用している点。

しかし、仕立てを見る限り、間違いなく「本物」


とことんコイツと対話したい。




どれだけ、自分を客観視することが出来るか。
どこまで、自分を捨てることが出来るか。

とことんぶっ壊したい。







多分、いましか出来ない。





0 コメント:

コメントを投稿

ARCHIVES

Search this blog

人気の投稿